環境方針

環境方針

私たちは、不動産分野における環境問題の重要性を認識し、企業の社会的な責任として、不動産投資運用事業をはじめ全ての企業活動において環境への配慮や環境負荷の削減等に関する継続的な取り組みに努めます。

1.省資源・省エネルギーへの取り組み

資源、エネルギーの効率的な利用を積極的に推進するとともに、省資源、省エネルギーを目的とした技術やシステムの導入等により低炭素社会の実現への貢献に努めます。

2.環境保護への取り組み

企業活動の継続に際して、節水、リデュース(廃棄物等発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)に取り組み、循環型社会の実現への貢献に努めます。
また、生物多様性への配慮、環境との共生等を目指し、グリーン調達の推進、オフィスビルの緑化、環境整備等に努めます。

3.環境コミュニケーションの推進

環境に関する情報の積極的な開示に努めるとともに、社会との幅広いコミュニケーションを図り、テナント、地域、取引先等の皆様との連携と協働に努めます。

4.環境管理体制の整備・運営

環境管理体制を整備し、環境活動の継続的改善に努めます。また、環境教育、啓発活動を実施し、社員の環境保全意識の向上に努めます。

5.環境関連法規制等の遵守

環境関連法令・規則をはじめ自社の環境方針等を遵守し、環境保全に努めます。

各REITの取り組み

大和証券オフィス投資法人

GRESBリアルエステート評価に参加

2012年より、「グローバル リアル エステート サステナビリティ ベンチマーク」(Global Real Estate Sustainability Benchmark (GRESB))の「GRESBリアルエステート評価」に参加し、「マネジメントと方針」及び「実行と計測」の両面でサステナビリティに関する高い評価を受け、初参加時より連続で最高位のカテゴリー“Green Star”の評価を獲得しております。

  • GRESB Green Star 2012
  • GRESB Green Star 2013
  • GRESB Green Star 2014
  • GRESB Green Star 2015
  • GRESB 2016
  • GRESB 2017
  • GRESB 2018

グリーンリース契約の締結

新宿マインズタワーでは、環境対策・テナント満⾜度向上施策の一環として、テナントとグリーンリース契約を締結し、テナント専有部の照明のLED化を進める取り組みを2014年より開始しました。 今後も、テナント専有部面積の大部分のスペースにおいて、照明のLED化を見込んでおります。

グリーンリース導入のメリット

テナントのメリット
  • 光熱費・メンテナンスコストの節約
  • オフィスの執務環境の改善
  • 企業の社会的責任
投資法人のメリット
  • メンテナンスコストの削減
  • 省エネ投資による物件の価値向上
  • グリーンリースフィーの受領

日本賃貸住宅投資法人

サスティナビリティへの取組み

2017年11月サステナビリティ推進体制規程を制定し、資産運用会社の代表取締役社長を「サステナビリティ推進に係る最高責任者」と定めるともに、「サステナビリティ執行責任者」、「サステナビリティ推進委員会」を設置しました。

GRESBリアルエステート評価に参加

2018年より、「グローバル リアル エステート サステナビリティ ベンチマーク」(Global Real Estate Sustainability Benchmark (GRESB))の「GRESBリアルエステート評価」に参加し、「マネジメントと方針」及び「実行と計測」の両面でサステナビリティに関する高い評価を受け、最高位のカテゴリー“Green Star”の評価を獲得しております。

GRESB 2018